脂質の過剰摂取に気をつけよう

髪はケラチンというタンパク質で主に構成されていて、髪の成長のためにはタンパク質を摂取することが大切です。

タンパク質が多い食品は、肉類・魚類・卵・乳製品・大豆などです。

気をつけたいことは脂質の過剰摂取です。

脂質は体を構成したりエネルギー源になる大切な栄養素ですが、過剰に摂取すると皮脂分泌量が増加をします。皮脂の分泌量が多いと頭皮の毛穴がつまりやすくなります。毛穴がつまると毛根への血流が悪くなり、髪の成長に必要な酸素や栄養素が行きわたりにくくなり、髪の成長に影響を与えます。

肉類や乳製品は脂肪分が多い食品なので、食べ過ぎには注意が必要です。

肉の場合は脂身を避けたり、油を使わない調理をすることで脂質の摂取量を抑えることができます。毎日ヨーグルトを食べている方もいるかもしれませんが、ヨーグルトなら無脂肪を選ぶことで脂質摂取量を減らせます。

タンパク質が多い食品といっても、それぞれ消化吸収率やその他に含んでいる栄養素が違うので、いろいろなものを食べるようにしましょう。